【日本人:低】世界のペニスサイズと黒人がデカい理由w

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

niku

日本人のペニスサイズについていろいろ調べてみました。
過去記事で女性が求めるサイズがうまい棒より一回りくらい大きいという結果がありましたね。

人気アダルトグッズを販売している「株式会社典雅」が調査した日本人の【勃起時】の平均ペニスサイズの結果は以下だそうです。
●長さ 13.56センチ
●亀頭の直径 3.53センチ
●陰茎の直径 3.19センチ
※調査人数は50万人と十分信用できるデータ量になっています。

このデータは、1人1人のペニスを計測したのでは無く、あくまで自己申告の調査なので、正確性には欠ける結果です。
また歴代の統計では、日本人のペニス勃起時平均サイズは年々大きくなっているようです。

日本人の【平常時】の平均サイズは7~8cm

平常時のサイズは暖かい部屋でパンツも何も履いていないときの状態での平均値だそうです。
詳しい条件が付いているのは、ペニスは周りの環境によって大きさが変わるためです。

ペニスは締め付けられていても小さくなります。
その理由は、勃起は大量の血流によって大きく変わるためです。
冬は寒いので血行は悪くなります。
さらに締め付けられても悪くなります。

ペニスの海綿体細胞は血液の量で大きさを調節しているので、血行が悪くなって血液が少なくなれば、当然のことながら小さくなります。

平常時のペニスのサイズを測るときは、
周りの温度が暖かい部屋で、パンツもズボンも履かない状態でしばらくいたときに測るのが本当の平常時のサイズです。

また、ペニスは見る角度によって多く句変化します。
自分のペニスを上から見た時と、鏡に映った時の自分のペニスサイズ、違うと思いませんか。
それは、見た目と実際の長さのギャップがあり、上から見下ろした自分のペニスは、誰でも小さく見えてしまいます。
大抵の人は普段は上から自分のペニスを見る事が多いので、小さく感じますが、他人から見える大きさは、その1.5倍から2倍くらいと考えても良いでしょう。

世界全体のペニスの平均サイズ


「World Average Size Studies Database(海外サイト)」による世界の勃起時のペニス平均サイズです。
サイズ計測方法はコンドームで調査しており、それぞれの国でどのサイズのコンドームを利用しているかを調べ、おおよそれを数値化して、データベース化したものです。

1位 コンゴ 18.00cm
2位 エクアドル 17.78cm
3位 ガーナ 17.23cm
4位 コロンビア 17.01cm
5位 アイスランド 16.51cm
6位 イタリア 15.74cm
7位 南アフリカ 15.24cm
8位 スウェーデン 14.98cm
9位 ギリシア 14.73cm
10位 ドイツ 14.47cm
11位 ニュージーランド 13.97cm
11位 イギリス 13.97cm
11位 カナダ 13.97cm
11位 スペイン 13.97cm
15位 フランス 13.46cm
16位 オーストラリア 13.20cm
16位 ロシア 13.20cm
18位 アメリカ 12.95cm
19位 アイルランド 12.70cm
19位 ルーマニア 12.70cm
21位 日本 10.92cm
21位 中国 10.92cm
22位 インド 10.16cm
22位 タイ 10.16cm
24位 韓国 9.65cm
24位 北朝鮮 9.65cm

ゴンゴ(アフリカ共和国)が1位でした。
やはり上位は黒人系が多く、圧倒的に大きいですね!

気になる日本のランキング21位とやや微妙な位置。
アジア圏の中では高い方ですが、
世界全体の勃起時の平均的長さは、12~13cm(イギリスの研究チーム)だそうなので、
日本人は平均以下と残念な数値となりました。

20cmオーバーはなかったですね。
世界平均を超す自分のサイズが誇りです!

ペニスが大きい人種とそうでない人種がいる理由

さて、イメージ通りというか、ネットのエロ動画などでも見た事がある人も多いと思いますが、黒人男性のペニスが大きい傾向があります。
ところで、なぜ黒人男性のペニスは大きいんでしょうか。そこには2つの理由がありました。

1つ目の理由は
黒人のほとんどは背が高く筋肉質で力強い体格をしています。
陸上・バスケット・野球など世界で活躍するトップアスリートのほとんどのほとんどが黒人選手です。
それは日本人が努力しても手に入れることができない「遺伝子構造」を黒人は備えています。
黒人と日本人のペニスの違いの一つに「遺伝子レベル」による違いだといえます。

2つ目の理由
黒人のルーツはアフリカの過酷な地域で祖先は、動物などの獲物を捕獲しない限り生き残れない環境の中、生活をしてきました。
ずば抜けた身体能力や筋肉は狩猟をするための筋肉が発達し運動能力が高まったといわれています。
その優れた遺伝子が時代と共に受け継がれ、今に至ると考えると、黒人のペニスの大きさも納得できます。

日本人は狩猟でなく、田や畑を耕し食料を得ることの可能な土地柄での生活だったため大きな肉体や運動能力は黒人ほど必要としなかったため 日本人の体格(ペニス)は小さくなっていったとも言われています。

日本と海外のペニス増大方法の違い


ペニスサイズにはあまり関係ないですが、海外と日本でペニス増大方法に違いがあるようなので参考までに。

まず海外では「ペニス増大」って概念自体ないに等しく、「ペニス強化」って表現が正しいと思います。
手法もポンプや水圧、牽引など器具を使った方法がメジャーです。言わば「筋トレ」と同じようにペニスを鍛えるってニュアンスです。
そしてペニス増大や勃起等のサプリは、筋トレと同じくあくまで効率を上げる為の補助という感覚です。

実際に海外のペニス増大サプリと位置付けられてるものを調べると、
シトルリンやアルギニン等の体を構成するアミノ酸が中心、それにマカやトンカットアリ等の植物精力成分を足したようなものが殆どです!
スペック的に言うと、1タイプ、成分10種前後といったかなりの低スペック健康サプリレベルのものなんです!
はっきり言って、日本に10年前くらいから存在してるような、ありふれたスペックのサプリっていう印象。

海外だから日本より凄そう!って思ってた人は大間違いです!
中には海外独自の成分を使ったものもありますが、日本では厚労省に「劇薬」に指定されてるような成分なので安全性は低いですね。
なので危険性も含めて、使うメリットはないです!

日本でペニス増大という時には、サプリがあって補助でチントレや器具を使うなどのトレーニングするのが主流なので真逆ですね。
つまりペニス増大サプリにおいては日本の方がスペック的にかなり進んでます!

なぜ増大方法が違うのかは、明確な答えがあります。
海外では女性含め、硬さが重要視され、日本では長さが重要視される
ってことです。文化的な…なんとなく納得できます。
器具やチントレは長さこそほぼ出ませんが、勃起の硬さやボリュームアップには効率的
もちろん増大サプリでも硬さなどアップしますが、やはりチントレをプラスした方が効率的ですからね。

まあ日本と海外では検索システムや出てくる情報も違うだろうから、もしかしたら海外で検索した時には日本と同じく、ペニス増大サプリの情報がいっぱい出てくるかもしれないし、その辺はわかりません。
サプリが多数存在していたとしても、恐らく海外でペニスや勃起強化って時には、バイアグラ等の確実なED治療薬を使うっぽいです。

ペニスサイズについては、他サイトですが
【女性求ム】ペニスの平均的な大きさ、理想的な大きさ(【効果なしを見極め!】ペニス増大サプリのスペック比較)
ペニスサイズ研究(記事複数有り:【効果検証】ペニス増大サプリ・精力剤調査)
【短小:泣】女性の理想のペニスサイズ(ペニス増大マニア)
の記事も参考になります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~2017最もペニス増大の効果が高い【60日+2cm!】最新グライバル

6年以上やったペニス増大サプリの中で、最も効果が高かったのがグライバルでした。
スペックは2017発売、3タイプで増大特化の為、成分60種に絞り、付加価値として増大作用を維持し効率を格段に上げた構造。

「最新」というのも評価の基準の1つです。新しさによって成分質、配合や製法等の技術力が高い可能性があり、効果や健康力、安全性に直結する部分があるからです。

実践上は1か月+1cmの増大でしたが、もうサイズ的に限界に近付いている点を考慮すると、即効性や効いている実感など効果力はトップクラスだと思います。それに初心者の友人は2か月+2cmの増大だったので安定した高い増大力、万人性があると思います!

~2017年までのペニス増大サプリの中では、マニア・交流者との情報を含め、スペック・効果的にNo.1でしょう。


グライバルの増大効果を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)