ペニス増大サプリの副作用とシトルリンで増大は間違い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

komaru
ペニス増大サプリの副作用と、人気の増大成分であるシトルリンについて語ろうと思います。

まずペニス増大サプリに副作用があるかってことですが、
基本ほぼないと考えていいです。
6年飲み続けてますが、一回も副作用を感じたことはありません。
飲み合せという1日2種のサプリを飲む技や用法を超えて飲んだりもしてるので間違いありません。
むしろ健康的になった!と言え切れます。

そもそも、日本の薬事法、日本の薬品と健康食品に対して、世界中で最も厳しい基準を設けているが故に、安易に副作用を引き起こすような、激しい成分、また限界配合値を超えた含有量での販売は認められてないためです。

しかし厳密に言えばモノによります。
10年くらい前と今の増大サプリでは製造技術はもちろん、成分などあらゆるもの違います。
・成分が10種くらいだったのが100種超え
・錠剤やカプセルの種類が1タイプから3タイプ
など確実に進化していってます。

逆に10年くらい前は多少の副作用があるモノも確かにあった!
今でもその頃とスペックが変わらないものは副作用の危険性はあります。

考えられる増大サプリの副作用の症状

副作用があると言っても大したことはありません
所詮サプリですから。。。

増大サプリの副作用の症状は、頭痛や頻尿、下痢、高揚感くらいです。
そのレベルも低いもの。
ただ本来「健康」というかプラスになるものが、マイナスになったらむかつきますよね。

副作用が起こりやすい増大サプリ

ではどういったものが、副作用の心配が高いのか。
1番は「海外産」のサプリ。日本人向けに作られてないので、国産でないものが入っていたり、特定の成分の量が多かったり。
「体に合わない」ってなる事が、副作用の大きな要因になります。

あとはざっくり個人輸入代行で扱われているモノ(基本海外産)、特に中国の「精力剤」は注意です。
簡単に言えばバイアグラのような勃起効果の確実性が高いものですが、その分、副作用の危険性は非常に高いです!
パッケージ記載の成分と実際に配合されている成分が異なるなど、品質が粗悪でなものが多いと言われています。
精力剤なのでジャンルは違いますが、増大サプリと称して販売してるパターンもあります。

次に日本産であっても、「精力系成分のみで配合」されてるもの。
特にサソリやすっぽん、蛇系など動物系メインで構成されてるものには注意です。
勃起などの精力的効果は高いですが、植物系やアミノ酸、ビタミン、ミネラルなど健康的な緩和する成分もないと安全ではありません!
これは古くて、成分数が10種前後、値段安いサプリに多いです。

そもそも「サプリで増大」する増大構造自体、何かの成分に偏ったものではなく、アミノ酸、動物系、植物系、ビタミン、ミネラルの相乗作用によって成り立つと考えられています。

通販で出回っている、ネットでよく見る増大サプリは、商品名が英語であっても、ほぼ日本産なので、基本的に安全です。
それと【100%純国産品】などと謳っているものがありますが、基本的に全てそうなので、プラス事項ではないです。

増大=シトルリンのイメージはまず捨てる

sitorurin
ペニス増大の情報サイトや知恵袋など、シトルリンが増大に良いという情報を結構見ます。
シトルリンをメインにした増大サプリも結構ありますね。

日本で健康食品の中にL-シトルリンが配合されるようになったのは、2007年8月のことです。
それまでは医薬品の部類に合ったこの成分が、ようやくお上からサプリに使用しても良いという認可が下りたのです。
しかし、海外では、とっくの昔にL-シトルリンは健康食品やサプリメントで使われていたんですがね。
ちなみに、一般食品、ゴーヤやキュウリ、瓜、スイカなどにも豊富に含まれています。

シトルリンは増大に必要な成分のごく1部にしか過ぎません。
シトルリンはアミノ酸の1種で、効果は血行が良くし、新陳代謝を高め、冷え性や疲労の改善、美肌、筋肉増強するのがメイン。
特に運動とは相性が良く、元々ダイエットサプリに入ってる成分として注目されてました。
いつしか、血流効果=精力アップとなり、増大に必須となった流れですね。

アミノ酸なので、飲んですぐとか直接的に効いてるな~ってことはまずないです。
健康サプリとかでシトルリンサプリを飲んだ事ある人はわかると思います。
健康、血流が良くなったになった結果、精力的な効果もあるだろう…って感じです。

シトルリン=増大という販売側が長きに渡って広めたせいで、今でもユーザーのそういう概念が残っているせいだと思います。
未だにシトルリンメインのサプリが多くあるという事は、そういうことです。売れるんでしょうな。

副作用のところにも書きましたが、増大はシトルリンのみ、もしくはそれに毛が生えたようなもので成功する程甘くないです。
今でこそ、成分が100種になったり、3タイプになったり、技術が進化してようやく万人性も上がってきて、増大成功に近づいていると思います!

シトルリンの副作用について

とは言っても人気成分ですから、気になる人の為に、シトルリンの副作用についてもふれときます。

アミノ酸の一種であり、直接的な効果、実感力がない為、副作用を感じることはないと考えていいです。
あるとすれば、高血圧な方が、血圧がさらに高まる可能性があります。

日本で売られているシトルリンサプリは特に、(海外産との含有量を比べても)弱めで作ってあるので、用法超えて飲んでも問題ないくらい。

最後に増大に必要な成分はアミノ酸、動物系、植物系、ビタミン、ミネラルと言いましたが、やはりどれが欠けてもダメです。
重要度は
ビタミン、ミネラル<アミノ酸<植物系(精力に関係なし)<植物系(精力関連)<動物系
これはマニアの常識なので覚えておくといいです。

シトルリンのペニス増大効果は←こっちで深くふれています!

シトルリンに関して他サイトですが
【注意!】シトルリンがメインのサプリ被害報告増加
(【効果検証】ペニス増大サプリ・精力剤調査)
【勘違い確定】シトルリン?マカ?精力・ペニス増大には効果弱!
(【+2cm最速方法】ペニス増大の達人)
【シトルリンはアカン】DHCやNOW、協和発酵などシトルリン系サプリとゼナフィリン増大効果
(最新ペニス増大サプリの効果)
【効果薄】ペニス増大にシトルリン、アルギニンは所詮アミノ酸
(ペニス増大マニア)
の記事も参考になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~2017最もペニス増大の効果が高い【60日+2cm!】最新グライバル

6年以上やったペニス増大サプリの中で、最も効果が高かったのがグライバルでした。
スペックは2017発売、3タイプで増大特化の為、成分60種に絞り、付加価値として増大作用を維持し効率を格段に上げた構造。

「最新」というのも評価の基準の1つです。新しさによって成分質、配合や製法等の技術力が高い可能性があり、効果や健康力、安全性に直結する部分があるからです。

実践上は1か月+1cmの増大でしたが、もうサイズ的に限界に近付いている点を考慮すると、即効性や効いている実感など効果力はトップクラスだと思います。それに初心者の友人は2か月+2cmの増大だったので安定した高い増大力、万人性があると思います!

~2017年までのペニス増大サプリの中では、マニア・交流者との情報を含め、スペック・効果的にNo.1でしょう。


グライバルの増大効果を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)