ペニス増大の効果アップ情報

血流を狙ったペニス増大【効率アップ!】トレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前記事でペニス増大の準備運動として
ペニスを温めること
ストレッチ
について深くふれました。
次に行うのがペニスへの血流をアップさせる事です。
当然、前記事について語ったことも血流アップへつながる事ですが、更に焦点を絞ります。
以下はチントレの基本とも言うべき手法です。

ミルキング法、スライド法とも呼ばれています。
これだけではダメなのか?と思うかもしれませんが、前記事で語った事はこのチントレをより効率的・効果的にする為です。

  1. 右手でペニスの根元をしっかり握り、握った手の状態でカリ(亀頭のくびれ)までスライドさせます。
  2. カリ(亀頭のくびれ)までスライドさせた後、左手で、先と同じようにペニスの根元を握り、同じようにスライドさせます。
  3. これの繰り返しになります。

スライドさせる際にペニスに潤滑油やジェルなどを塗ったほうが効果もやり易さも増します。(ジェルキング法)
潤滑油はドラッグストアに置いてあるローションで問題ありません)
この方法は3分~5分ほど行うのが効果的。
ペニスはしっかりと引っ張るように行う事を心がけましょう。
しかし引っ張りすぎると皮が伸びやすくなりったり、筋を痛めやすいので注意してください。
無理せずペニスに血を巡らせるイメージが大切です。

誰にでも起こるペニスの怪我、その予防策は血流アップ!

ペニスに骨が無いのは男性であればご存知だと思いますが、骨もないのに骨折した症状になってしまう怪我「陰茎折症(いんけいせっしょう)」があるのです。
そこれは男性の誰にでも起こりうる身近な症状なので覚えておいて損はありません。

陰茎折症は、簡単に言えばペニスの骨折と思ってください。骨なんかねぇだろ!と思われると思いますが、この怪我を発症したほとんどの人が、骨が「ポキッ」と折れたような感覚があるというのです。

また、痛みも想像以上に凄いそうです。子供の頃、兄弟や友達にアソコを蹴られたり、ボールが当たっり、ぶつけたりした経験は誰しも1回はあるかと思いますが、そんなレベルではないそうですよ!たしかに勃起したペニスを無理やり強い力で曲げられたら・・・痛いですよね!

そんな陰茎折症はチントレを行う際に発症する恐れがあるのです。特にストレッチや準備運動を怠るとチントレ中に「イタっ!」となる可能性が!
だから、チントレ前は出来る限り、ペニスの血を巡らせましょう

血行が悪くなるのはペニス以上に体に悪影響!

血流が悪化してしまうと、体の隅々まで酸素、そして栄養素は行き届かなくなります。
二酸化炭素や老廃物の排出力も低下し体に悪い毒素が溜まっていき、やがて大きな病気へとつながります。
では、ペニスの血流が悪くなるとどうなるか、一番の問題はペニスの増大を妨げる事。さらにいえば勃起不全になる可能性もあります。
ペニスに大量の血液が流れ込めば、ペニスは膨張して、結果大きくなります。
ペニスが大きい人ほど血流が良いと言われているのはそこからくる理由かもしれません。
健康のためはもちろん、このサイトを見ている人だったら、ペニスをより増大させるために、血流を良くする事を必ず心がけるべきですね!

効果的な血行促進の栄養素

■ビタミンC
ペニス増大サプリでも、必ずと言っていいほど配合されているビタミンC。
別名アスコルビン酸と呼ばれる水溶性のビタミンです。
有名な効果は美容効果、風邪などを予防する免疫力アップがしられてますが、血液をサラサラにする働きがあり、血中コレステロールの働きを促進させます。
さらに、疲労回復、鉄分の吸収促進など、様々な効果がありますが、喫煙者は要注意!ニコチンによって大量にビタミンCは破壊されてしまいます。

■ビタミンE
ビタミンEは元々、生殖機能の維持に必要なものとされて、これを摂取しなければ不妊症になる物質として発見された栄養素なのです。
ビタミンEには末梢血管を広げて血行を促進させることで、新鮮な酸素やビタミンCなどの栄養をしっかりと届けることができると同時に、老廃物も排出させます。
ペニス増大サプリでは酸化防止剤として、よく使われる成分なのです。

血流量アップやペニス増大トレーニングに関して、他サイトですが
【勃起強化】血流量アップに直結するPC筋トレーニング(ペニス増大マニア)
【ペニス強化】自力で鍛えて増大できるトレーニング情報(【巨根化】神ペニスへ増大の道)
【急げ】ちんこデカくするなら若い方がいいのかw(【+2cm最速方法】ペニス増大の達人)
も参考になります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す


CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)