2013年から2017年までに流行した、または注目されたペニス増大サプリの概要や評価情報を年代毎にまとめます。
またその年にマニアや専門家から「最強」と称された増大サプリにも着目しています。

2013年に流行った増大サプリ、最強サプリの評価情報


再増大時代の突入!2タイプ100種系アデロインと最新3タイプのリノゲインの一騎打ち!


  • 最新の100種成分で安全性や再増大構造によって人気・実力・実績申し分はない。今年トータル的には1番だろう。

  • 発売開始から売切れが続出した最新の3type。再増大理論も組み込まれた構造・成分・増大効果全てに支持を得ている。

  • 昨年増大サプリ史上初の3typeを打ち出し文句なしに王者となったが、今年は最新3typeと100種成分の登場に苦しい展開。

  • ネットではあまり知られていない100種類成分系。モノ自体は決して悪くないがアデロインには劣る。

  • ネットでは手頃な値段で成分的にも悪くないが、口コミや効果面では少々弱い。1type。

  • 値段もそれなりにする上、悪くないが、精力剤として推しているので増大には向いていない。1type。

  • 第1回では3着に食い込んだ実力はあるが、もはや古すぎる為勝負にはならないか。

  • ネットで一番宣伝が多く購入した人も多いだろうが、マニアからのいい口コミはない。

  • FC2などで今広告が多い1type。成分面から見ても増大要素は難。

  • 値段が高い割に成分面も良くない。精力系中心の為、勝負は厳しい。

  • 海外系日本向け商品。値段が安く、増大には不向き。

  • 典型的海外系商品。増大も不向きで、体調ケア成分も少ない。

2013年に流行った増大サプリのスペックランキング


  • 増大値は3typeが1位と2位に。2つは理論は違うものの、高い増大値を叩き出している。

  • 成分ではやはり成分種類が多いアデロイン、ついで希少価値の高い成分の量を増やしたリノゲインが2位に。

  • 構造面では最新順となった。2つは再増大理論を用いてはいるが、構造は全く違う。配合面が優れているリノゲインがリード。

  • ネットでのステマを排除した厳正なる口コミ精査では、アデロインがトータル的にリード。リノゲインはまだ日が浅い。

  • 去年から続く勢いがようやく収まったが基礎構築として名が高いジスぺリン。3位には一番古いゼクノリン。

  • 最もアフィリエイタ―が多いゼファルリン、FC2を制しているアミノ型、広告の多いヴィトックスαがネットを網羅。

2013年のペニス増大サプリのマニア・専門家の見解

ーQ:去年は業界初の3タイプのジスぺリンが圧勝でしたが、今年はどう見てますか?ー

ーマニア:今年はアデロインとリノゲインの2強ですよね。
構造は違いますが共に再増大理論を用いてます。
これは元々、これ以上増大しないといった人や色々試したけどダメだったって人など、言わば増大サプリ経験者に特化した理論なんです。
なので勝負は万人、初心者の人からどれだけ支持を得るかが勝負のポイントでしょうね。

ーQ:なるほど。そうなると百種成分のアデロインは初心者にとっては安心で魅力的要素になると思いますが

ーマ:確かにそうですね。でも副作用に関しては最近の1万円を超える増大サプリは技術が進歩しているので心配はないですね。最新のリノゲインともなればなおさらです。

ーQ:リノゲインを1番と予想されてますが具体的根拠は?

ーマ:正直アデロインとの差はほとんどないと思います。増大実力的にはリノゲインが上だと思いますが、今年1年で見た場合、リノゲインは日が浅く、売上的にはアデロインがリードしてるといった感じでしょう。「現状」がどのくらい評価されるかですね。
ネックなのはリノゲインで増大結果を出している人はジスぺリン経験者が多いんですよね。ジスぺリンは基礎構築が優れているので「増大基礎」が出来でいると、リノゲインは真の効果を発揮すると言われてます。その事が「功績」に値するのか「マイナス」要素となるのかはわかりません。

ーQ:奥深いですね。「現在」で考えた場合は「効果」や「口コミ」「売上」などの面で判断するとリノゲインという事ですね?

ーマ:そういう事になりますね。

ーQ:ありがとうございます。では他で気になるモノはありますか?

ーマ:この2つは他と比べて時代を超えてる感じですからね、逆にないんですよ(笑)普通にいい商品はリゼノールかな。百種系だし。第一回に出てたら間違いなく上位だったね。相変わらずなのはFC2などの広告組と海外組だね。いつまでこんな過剰な事をやるのかって思う。もう十年近いんじゃないのかな。ユーザーも時代が進むにつれそれなりの知識をつけてきてるからね。何が良くて悪いのかってのは値段や成分、構造からすぐわかるよ。

ーQ:では最後にレースと関係ありませんが初心者の増大サプリユーザにアドバイスをお願いします。

ーマ:んー、毎日続けること、焦らないことですかね。とにかく信頼できそうな使用者見つけてマネしてみるって事が大事だと思います。その上で自分で「こうした方が自分に合うかも」って自分流を見つけていけば、「増大する」って事があたりまえな考えになる
と思いますよ。

ーQ:ありがとうございました

2013年最強のペニス増大サプリはリノゲイン

戦いは予想通り1番人気のアデロインとの一騎打ちとなり「成分100種VS最新3タイプ」に注目が集まった。
販売期間やユーザの多いアデロインが優勢かに思われたが、最新かつ増大力に定評があったリノゲインが僅差を制し栄冠を手にした。

昨年王者のジスぺリンは3着、マニアの間では基礎構築に特化していると囁かれた点やリノゲインやアデロインの増大成功者がジスぺリン経験者が圧倒的に多かった点など、初心者に支持され連覇の可能性もあった。

この3強の注目度が大きかった為に他のペニス増大サプリとは大きく差がついた形となった。

今回のレースからわかるように、増大サプリユーザは「最新かつストロングポイントがある」ものを求めると言え、
また今回決め手となった「増大力」がやはり今後キーポイントとなってくるだろう。
そして時代が進むにつれペニス増大サプリも進化を続けている為、ユーザが求めているハードルも当然高くなってくるだろう。

リノゲインはアデロイン登場後(約半年後)に発売された再増大系
ジスぺリン以来の3タイプの新商品ということで話題を呼んだ。

ところで再増大系は20cmを可能にする事を念頭に、過去に「増大サプリで増大したが、これ以上増大しない!」というユーザーに向けて作られた要素が大きく、増大サプリ経験者が増大結果を出しやすい

リノゲインは「早期増大」に特化させる為、良質な成分を50種に限定したと思われる。
しかし安全性もユーザからは最高ランクの評価を得ている。
また「リノゲイン増大達成者のほとんどがジスぺリン経験者」という話が流れ、リノゲイン使用途中にジスぺリンに1度戻るユーザーが続出するという有名な話もある。

現在(2014年)リノゲインは飲み合わせとして、ベースのプラス要素として効果が高い評価され、ベファイン等の基盤構築系と飲み合わせしているユーザーが多い。
またアンダー40がリノゲイン、40オーバーがアデロインを使用すると効果が高いという話も有名。
2014年もしばらく人気があるだろう。

    リノゲインDATA:

  • 価格:19800円→12600円(限定価格)
  • 内容:各30粒(計90粒 約1カ月分)
  • 成分:トナカイ角、豚睾丸、マカ、トンカットアリ、冬虫夏草、シトルリン、アルギニンなど約50種限定配合
  • MEMO:再増大系、3錠一気飲み推奨、商品名欄変更可能、郵便局留可能
  • 公式URL:販売終了

2014年に流行った増大サプリ、最強サプリの評価情報


2014年に流通したペニス増大サプリのNo.1を決める!
嘘は通用しない!スペックが問われる本当のペニス増大サプリを見抜く!


  • 増大ユーザーが待ち望んだ唯一の100種系+3タイプ。今年1月に発売されるも未だ人気No.1。まさに死角なし!

  • 現在最新の100種系2タイプ。基盤強化+角度強化という新要素を2タイプで実現!ベファインを上回る事ができるか!?

  • 昨年3タイプの実力と人気を証明した覇者。増大特化という位置づけは今年になっても飲み合わせに使用する者が多く人気健在。

  • ゼナフィリンの登場で人気を落とすも40overからはまだまだ絶大な支持を得ている100種系。

  • 昨年辺りに登場した2タイプだが100種系ではなく増大構造もイマイチ。しかし1日4錠+1という要素は期待できる。

  • 年配者に人気のあったGOLDの進化版。成分や1日6錠は評価できるが1タイプは増大難要素。

  • 未だアフィリエイターが多く潜む古い2タイプ。ネットでの露出は多いが評価はされていない。

  • 未だ宣伝は目立つものの1タイプで評価要素は特になし。

  • 海外産1タイプ、成分も20以下で安全性に難。

  • 海外産シトルリンメインだが全体的に低品質、評価要素ナシ

  • 海外産、増大とはカテ違い。成分少なく安全性も難。個人輸入で販売

  • 宣伝力があり知名度あるも1タイプで商品力は低い。

2014年に流行った増大サプリのスペックランキング


  • 増大値は横一線。最新2typeゼナフィリンが角度強化要素プラスで優勢。

  • 成分は100種系が独占。成分の質が高い最新ゼナフィリンが1歩リード。

  • 構造はゼナフィリンの新たな角度強化も評価できるが、唯一の3typeと100種をもつベファインが優勢。

  • ネットでのステマを排除した厳正なる口コミ精査では、ベファインがトータル的にリード。ゼナフィリンはまだ日が浅い。

  • 発売から未だ勢いが続くベファイン。続いて去年主役のアデロイン、リノゲイン。リアルタイムではゼナフィリン。

  • メディアや女医の起用等で目立ったシドルフィンだが1タイプの商品力では厳しい。ネットではお決まりの2つ。

2014年のペニス増大サプリのマニア・専門家の見解

ーQ:去年は3タイプリノゲインと100種系アデロインの2強でしたね。わずかに当時新しい3タイプだったリノゲインが優勝でしたが、今年はどう見てますか?ー

ーマニア:今年は1月いきなり両要素を持ったベファインに驚きでしたね。そして10月には角度という要素をプラスした最新の100種系ゼナフィリンが登場。2強と言いたいところですが、去年のリノゲインやアデロインも実績を伸ばしユーザー(ファン)を増やしている。体に合う合わないがある増大サプリにとって固定のユーザーを獲得している点は大きいんですよ。だから今年は一概に「2強」とは言えないかもしれませんね。

ーQ:なるほど。しかしやはろ今年1年で見るとベファインが圧倒的な感じはありましたよね?

ーマ:確かにそうですね。ベファインが実現した構造はその後登場してないし技術的に革命的。そもそも増大しやすくさせる体質にするには増大基盤力を上げる事が重要で、その後の増大値を左右する。初心者の最初の関門突破アイテムだと思います。ただ増大までに時間を要するというウィークポイントがあるのも確かですね。

>ーQ:さてそんな中でゼナフィリンを1番と予想されてますが具体的根拠は?

ーマ:正直最初に言った通り、今年は4強と言える程、大した差はないと思っています。この4強に関してはそれぞれ「特徴」を持っているので、ユーザーが「何を強化するか」によって変わってくる。総合的に見ればやはりベファインは重要だけど、俺らからすると「最新」ってやっぱり無視できないんだよね。

ーQ:というとゼナフィリンにそんな魅力があると?

ーマ:経験者と初心者で見方は違うけどゼナフィリンのプラス要素は大きいよ。角度要素だけじゃなく、ベファイン程じゃないと思うけど精基盤強化もあるし。それを2タイプで実現できてるところも評価。ベファインのような3タイプが1日3錠摂取に対し、2タイプは1日4錠摂取だからね。安全性や相乗作用の能力が上がってるとすれば4錠一気飲みで効果もアップすと推定できるからね。2タイプは逆に2回にも分けれるから、ゼナフィリン1回だけにして飲み合わせに違う商品を3種とか無茶をするって技もあるからね。

ーQ:なるほど、確かに昨年も後に発売されたリノゲインが優勝しましたからね。しかしマニアの技は奥深いですね。では今年は4強以外はどうですか?

ーマ:他で気になるのは2タイプで1日の摂取量が多いベクノールくらいかな。あとは1タイプだからね。極GOLDは1タイプ、植物系成分ばかりって点で評価できないし、シドルフィンEXも構造、成分、値段など全くいいところなし。メガマックスウルトラも同様だね。アフィリエイターが売ろうと悪質になってきて、アピールポイントに根拠がないんだよ。騙されて痛い目見てる人も増えてるんじゃないかな。新しさや成分、構造とかの比較表も発表されてるから、ユーザーには参考にしてほしいよね。まあ今年はその名の通り4強かな。今年はベファインとゼナフィリンが増大サプリを進化させた年って言えるだろうね。

ーQ:インタビューありがとうございました

2014年最強のペニス増大サプリはゼナフィリン


今回のレースは「最強VS最新」と言えよう。戦いは3タイプ要素と成分100種要素の両要素を持った唯一の最強サプリのベファインが圧倒的との意見が多かったが、10月に発売されたばかりだったゼナフィリンが見事に抑えた。

勝敗の理由としてあげられるのは、発売から約2カ月と短い期間だったゼナフィリンで増大者成功者が多かったことや、ベファインの発売が1月と新鮮さをかいた事が大きな理由だ。

ゼナフィリンは昨年絶大な人気があった再増大系と呼ばれるアデロインと同じく、2タイプの成分100種類
成分100種類は安全性が高く、増大や精力アップ、ED改善、勃起の硬さ、早漏、包茎改善等の精力効果以外に快感アップや快眠などの脳神経に作用するものや老化防止、美容、肥満防止、胃腸改善、発毛など体内に作用するものなど多くの「サブ効果」が期待できる。
その為、「サプリ」としての価値が高く、幅広い世代に人気がある要素なのだ。

さて最新のゼナフィリンの増大構造だが、
1細胞組織による成長周期加速、
2血流量の増加、血流速度のアップ

そしてゼナフィリン独自の新要素となる
3靭帯、角度強化
の3つのポイントから成り立っている。

この新しい要素はベファインの特徴であった、「精基盤・根本」を強化しつつ、靭帯も強化する事で角度アップにも作用させるという手法らしい。

ゼナフィリンは女性へ快感をより与える事を念頭に作られている為、長く太い角度のついた柔軟な20cmペニスの形成を目指しているみたいだ。
そしてその構造は進化した100種の動物系、植物系、体内活性系成分成分を約50種ずつ錠剤とカプセルの2タイプにバランス良く配合させ体内で相乗作用させるという仕組みで成り立つ。

ゼナフィリンモニターの増大値結果を見ると2カ月で2,5cmなど増大特化の面を見せるが、ベファインが2-3カ月後に増大力を発揮するのに対し、ゼナフィリンは一定の増大力という結果も出ている。
また何かしらの実感力も高く、特に朝立ちや硬さ、起つまでの速さなど勃起関連の事項に関しての実感が速いようだ。

2タイプは1日4錠なので飲み合わせや飲み方が幅広く効果アップに繋がる技もあるという面もメリットだと、増大マニアなどは語っているらしい。
現在増大効率1位の3タイプに、新たな要素をもった進化した2タイプのゼナフィリンが影響を与えるか楽しみだ。

またゼナフィリンは初心者に必要な「増大基盤強化要素」を持ちながら増大特化要素である「再増大要素」を持ち、かつ靭帯強化による「角度強化」という新要素を持っている魅力的な要素も大きな勝因といえよう。

成分自体の「質」や体内で起きる「相乗作用力」の向上が、最新商品には存在する証明になったのではないだろうか。
まさに「最新技術がもたらす力」がペニス増大を生み出す時代になってきている。

その他5着までに入った商品に差はなく無難な着順。
発売時期がそのままの着順となった。
ユーザーの増大サプリの知識も向上してる事から、これからの増大サプリは何か魅力的な要素持たないとユーザーの心をつかめないだろう。
未だに1タイプや成分が20程の増大サプリが8割以上する業界だが、刻々といいモノだけが生き残る時代へとなってきている

    ゼナフィリンDATA:

  • 価格:19800円→12800円(限定価格)
  • 内容:錠剤、カプセル各60錠(計120錠 約1カ月分)
  • 成分:トナカイ角、コブラ、マカ、トンカットアリ、冬虫夏草、シトルリン、アルギニンなど100種以上
  • MEMO:増大特化、根本強化+再増大系、角度強化、経験者4錠一気飲み推奨、商品名欄変更可能、郵便局留可能
  • 公式URL:http://zenafirin-japan.com/

2015年に流行った増大サプリ、最強サプリの評価情報


2015年に流通したペニス増大サプリ、精力サプリのNo.1を決める!
今年は精力サプリも参戦のガチンコ決戦!本物のサプリが決定する!多くが特徴・特化要素を持つ激戦でもあり、何がユーザーに求められているか、商品自体のスペックが勝敗を決す戦い!


  • 昨年末からの人気は今年も衰えず、堂々の1番人気。基盤強化、再増大、角度強化を持ったまさにオールマイティサプリ!

  • 昨年は1位と差がなく2位。1年経っても未だ最高スペックである3タイプ+100種は強み。基盤強化特化で初心者から圧倒的支持で王者を狙う。

  • 精力剤界からユーザの支持により出場。ユーザー数とサプリに負けない安全性、サプリとの飲み合せ効果、何といってもシアリスの効果を要する確実性はデカい。

  • ベファインと同じ最高スペックを誇り人気があるが、成分構成が精力ではなく健康重視なのが痛手。

  • 2ch風宣伝で拡散した3タイプ。2013年王者のリノゲインを全体的にスペックを落とした構成。認知度がどう吉と出るか凶とでるか。

  • 最低スペックであった前作の進化版。効率が悪い1タイプではあるが成分100種という構成が通じるかが勝負。

  • 55段階構造とあるが1タイプである為、実現根拠がない。成分数的には60種入っており、他の1タイプを圧倒。

  • 増大効率の良い3タイプだが成分数が20種は少な過ぎる。これでは3タイプの良さを出せないか。

  • 唯一の粉、ドリンクタイプ。成分・構造的には低スペックだが、浸透率や飲む量を調節できるのは利点。

  • カプセルの中が溶けやすい液体とあるが完全な液体ではなく、浸透率は多少アップする程度。そもそも低スペック。

  • 低スペックな1タイプ増大サプリより勃起関連効果は上、即効性もある程度あるが増大は期待できない。

  • 凄十より健康度は高いが精力効果は下回る。ただ1成分に拘った精力サプリよりは良い。

  • 知名度はあるが、前作より劇的に進化したレベルではなく低スペックは変わらない。また値段が高いのが痛手。

  • 希少成分サンサムの使用は良いが、この成分自体、精力に強い訳ではないのと、DHCだけに全体的に健康重視の構成。

  • 特に評価点がなく1タイプで成分・構成が低スペック。

  • 特に評価点がなく1タイプで成分・構成が低スペック。

  • シトルリン量に特化している訳でもなく、その他評価点がなく1タイプで成分・構成が低スペック。

  • クラチャイダムのみに特化しているがクラチャイダム自体精力効果は薄い。

2014年のペニス増大サプリのマニア・専門家の見解

ーQ:去年は最新2タイプのゼナフィリンと3タイプ100種のベファインの一騎打ちでしたね、見事最新のゼナフィリンが制しました。今年は精力サプリの参戦、殆どが初出場、それから特徴を持ったサプリが多いですがどう見てますか?ー

ーマニア:今年は何か特徴や特化要素がないと制することができないね。何がユーザーに求められてるかがキーだね。でもスペック自体が高くないと、ユーザーの心はつかめなくなってると思うよ。ユーザーも年々知識を持ってくるからね、何が良いものか悪いものなのかの判断レベルが上がってる。精力サプリも参戦した事で「本当に求められてるサプリ」が決定するね。ー

ーQ:今年1年はサプリ界にとってはどんな年だったんですか?去年のベファイン、ゼナフィリンのように特別目立ったサプリがない気がするんですが?

ーマ:確かにそうですね。今年はゼナフィリンやベファインクラスのスペックを持つサプリの登場はバリテインくらいでした。ただ似せて作った感があって精力重視というより健康重視効果が強いからね。だからこの2つの人気が続いた年だった。それでも対抗する為に、全体的に特徴を持ったサプリが多く登場した年だったね。去年より確実に面白いレースだよ。

ーQ:さてそんな中で飲み合わせに最も使われたとして、精力剤から参戦を許されたジョナリスを1番と予想されてますが具体的根拠は?そもそも何故、精力剤のジョナリスが参戦できるんですか?

ーマ:まず参戦を許された理由だけど、ジョナリスはバイアグラなどと同じ精力剤だからカテゴリ違いなんだけど、その安全性とサプリのように日常的に使用できる面、使用者が多いって事で出場がおりたみたいだね。それからジョナリスのみでも「膨張増大」が見込める点でカテゴリ違いとは言えないと判断されたんでしょう。確かにジョナリスを勃起したい時だけ飲むような「精力剤」って認識はないね。サプリ感覚だよ。
1番に推した理由は、増大ではなく勃起効果だけど「安全かつ効果が確実」ってとこ。「サイズ維持能力」が絶対的で、飲み合わせでは固定にしたいよね。増大サプリユーザーが多い戦いだから厳しいかもしれないけど、膨張増大効果もあるし、僕らマニアは既に十分な増大をしるから、正直増大よりも「維持」に重きを置いてるところがあるんだ。

ーQ:なるほど、意外です。確かに精力剤に抵抗ないユーザーが多ければ十分1位はありえますね。では他に注目されているのは?

ーマ:ゼナフィリン、ベファインは今年もスペック的に上位確実だね。バリテインも効果はどうあれ高スペックだし、アトミックスも不評だけど一応3タイプだからね。ザ・ストロングは3タイプだけど成分が少な過ぎて高い。精力サプリの凄十はコンビニで買えて気軽さがあるし、成分構成が精力中心で悪くない。下手な1タイプの増大サプリより良いって評価。

ーQ:最後に印をつけていないサプリの評価をお願いします。

ーマ:正直あとはほぼ1タイプだからどうでもいいんだけど、フュージョンEX、シトルリンDX、シトルリンザソリッドは特に語る事もないね、新シトルリンXLは約10年ぶりの新作だけど前作と変わらず低スペック。ヴィトックスαの新作は成分100種は評価できるけど1タイプで1日1錠ってところが痛すぎる。ヒュージ55は1タイプだけどマシな方かな。実感力はないよ。アルギニンブループログラムとブルーナノシトルリンは浸透力はあるけど、スペックが低すぎるね。エディソン、エディケア、クラチャイダムgoldは健康重視の効果だから厳しいね。

ーQ:ありがとうございました。

2015年最強のペニス増大サプリはべファイン


前回王者のゼナフィリンを抑え、2番人気のベファインが前回の雪辱を果たし優勝した。
今回のレースは2つの注目点があった。

1つは精力サプリの出走解禁。
凄十やエディケアなど勃起関連の効果のみが期待される精力サプリが数種出走を果たした。
中でも凄十はコンビニで買えるなど手頃な感覚で人気を集めた。
また精力剤シアリスのジェネリックである「ジョナリス」が増大サプリ使用者の安全な効果アップ飲み合わせで有名になり、特別枠で出走した事も注目された。
バイアグラのように効果があるのは確実の為、人気を集めた。

もう1つは出走品の多くが「特徴をもっている」こと。
ベファインは増大基盤強化による初心者特化、ゼナフィリンは靭帯強化による角度アップ、ヴィトックスαは1タイプ100種成分、アルギニンブループログラムは粉末ドリンクタイプ、バリテインは健康成分特化などの特徴を持つサプリが多かった為、ハイレベルなレースが予想されていた。

前評判では昨年発売の新製品で圧倒的人気を誇ったサプリがなかった為に、昨年王者のゼナフィリン、2着のベファイン、初参戦の精力剤ジョナリスが人気を集めた。
結果はベファインが僅差でジョナリス、ゼナフィリンを抑え優勝。

ベファインの構造の要点を伝えると、増大基本概念はそのままに「根本強化」に力を入れており、増大効率アップしている。
それを可能にしたのは成分100種にした事、更にそれを3タイプに分けた事に他ならない。

動物系、植物系、ミネラル系とし体内で相乗効果の浸透率を上げ、増大だけでなく100種系が本来持つ様々なサブ効果も期待できるような仕組みだ。

増大基盤=根本とするならばそれを強化する事はペニスを増大するにあたって最も重要な事と定義づけられてる為、最終的な数値、スピードに関し効果的だろう。

2ケ月たったペニス増大サプリ調査では、増大サプリユーザの殆どがべファインを使用したい、使用したという調査が出た。
また共通していた意見として2ケ月後から、増大結果が出た者が多く、基礎増大構築期間が必要となるようだ。しかし熟練の増大サプリ経験者は、2ケ月で増大結果を出している者も多いという。

また、既にべファインと飲み合わせを行った者に調査を進めると、1位にリノゲイン、2位にアデロイン、3位にジョナリス(精力剤)、ジスペリンと続き、べファインは飲み合わせの相性がいいという意見も多かった。
数年前では考えられなかった「増大サプリ同士の飲み合わせ」がべファインの登場により、より安全により効果的に可能となった。今後べファインをベースとして飲み合わせが広まっていくことだろう。

ベファインの人気は発売から絶えず続いており、昨年も優勝確実とされていたが、突如現れた新製品ゼナフィリンに打ち砕かれた。優勝の背景には、現状の最高スペックである点に加え、「初心者特化」という安定感が支持されたことにある。
つまり「ペニス増大サプリユーザーの増加」が時代背景にあると言える。

そして2着には精力剤のジョナリス。サプリ同士の飲み合わせによる効果アップを実践したユーザーが増えた事と、増大サプリ熟練者の圧倒的支持によるものだと推測される。
ジョナリスはシアリスのジェネリックで効果が同じで安全度が高く、また効果が確実なので人気が高い。増大したペニスサイズの維持、膨張作用がある事でユーザーが多い。

3着には前回王者ゼナフィリン。2016年になっても人気は衰えておらずNo.1だろうが、移り変わりが早い熟練層の獲得に苦戦したか。4着にはベファインと同じく最高スペック(3タイプ100種)を持つバリテイン。効果が精力よりも健康重視だったのが敗因か。。5着には大健闘、コンビニで買える凄十。精力サプリの中で手頃で成分もハイスペック。

6着には1タイプ100種のヴィトックスα extraではなく、1タイプ60種のヒュージ55。さすがに1種に100種成分は詰め込み過ぎて各成分の効果が発揮されないことが伺える。
他、低スペックなシトルリンメインのサプリや精力サプリが最下層を固めるかっこうとなった。

今後、増大サプリユーザーが増加するにあたって、情報も増え、だいぶユーザーも知識を得てきており、宣伝だけの低スペックサプリは厳しくなってくるだろう。
また2タイプや3タイプ、成分100種以上などの高スペック要素が当たり前となり、何に特化しているかが、人気・注目を集める最大のキーとなってくるだろう。

    ベファインDATA:

  • 価格:19800円→12600円(限定価格)
  • 内容:錠剤1種、カプセル2種、各30錠(計90錠 約1カ月分)
  • 成分:シトルリン、アルギニン、トナカイ角、マムシ、冬虫夏草、マカ、ムイラプアマなどアミノ酸系と動物系、植物系精力・体内・神経作用成分をバランス配合、計約100種
  • MEMO:根本・増大基盤強化特化、3錠一気飲み推奨、商品名欄変更可能、郵便局留可能
  • 公式URL:販売終了

2016年に流行った増大サプリのベルタミン


ゼナフィリン発売から約1年半、目立った高スペック増大サプリの登場はなかったが、ついに2016年4月末、話題となる事が確実視されている「ベルタミン」が登場する。
公開されている情報を元に紹介しよう。

ベルタミン人気が一番高い要素では「増大効率が最もいい」とされる3タイプ。
最新であり、更なる進化を遂げたと言われている。

3タイプの利点は、ペニス増大構造が基本3構造である為、3種がそれぞれ役割を持って体内での増大作用の効率が圧倒的
その裏には1タイプや2タイプと比べ、成分種、成分量を増やせたり、先に行った目的を持たせるなど複雑な構造を持たす事が可能相乗作用力が優れているなどメリットが大きい。

さて最新のベルタミンの増大構造だが、
1細胞活性による分裂増殖、
2血流量の増加、血流速度のアップ

3 脳波活性による増大覚醒
から成り立っている。

簡単に言うと、「細胞活性に強化し、脳と体内からペニスへ増大作用を促す」ということ。

今までのペニス増大サプリでは細胞段階の強化を重視したものはなかったが、
ベルタミンは細胞活性を重視し、成長等で止まった限界サイズを覚醒という形で増大させる事を根本としている。
この根拠は成分にあるのだが、成分は100種系を応用し、増大に必要な60種を厳選し、更に成分質、量、配合技術、製法をレベルアップさせ、
体内相乗力を一層高めた事で特殊な増大作用を可能としたようだ。

まさしく、増大にこだわった増大特化型といえる。
もちろん、効果の発動力自体を高めている為、100種系と同等に健康的な効果の期待値も高い。

ベルタミンモニターの増大値結果を見ると2カ月で2,5cm以上など増大特化の面を見せ、ゼナフィリンやベファイン以上との声も多い。
またチントレや食改善や運動など血流改善行為に対して相性が良く、これまでのモノより効果アップに繋がりやすいという意見も多い。
調べてみると、増大特化というより「全ての面で進化し、性能、スペックがレベルアップ」している印象が強い。

    ベルタミン(Veltamin)DATA:

  • 価格:19800円→13800円(限定価格
  • 内容:錠剤3種各30粒(計90粒 約1カ月分)、1日各1錠、3錠が目安
  • 成分:トナカイ、豚睾丸など動物系、マカ、トンカットアリ、冬虫夏草など植物系、シトルリン、アルギニンなど体内活性系など全約60種
  • MEMO:細胞活性による増大特化、商品名欄変更可能、郵便局留可能
  • 公式URL:販売終了

2016年~最強と称された増大サプリのボルギア3


2016年8月、ベルタミンの人気から間もなく「サプリ史上最高」とも呼び声高い最高スペック「3type+100種超」の「ボルギア3」が発売。
情報が出回らなかった事もあったのか、2ヶ月経った現在(11月)再販売で爆発的なヒットとなっている。
公開されている情報を元に紹介しよう。

ボルギア3は最も増大効率が良いと言われる「3タイプ」の要素と、
即効性や効力が高まる相乗作用力が高いと言われる「成分数100種超え」要素
を持ち、これは「3type+100種超系」と呼ばれ、ペニス増大サプリの中で最も稀少な最高スペックである。
その「最新版」という事でこれだけ人気を集めているのだろう。

ベルタミンの時にも説明したが、
3タイプの利点は、ペニス増大構造が基本3構造である為、3種がそれぞれ役割を持って体内での増大作用の効率が圧倒的
その裏には1タイプや2タイプと比べ、成分種、成分量を増やせたり、先に行った目的を持たせるなど複雑な構造を持たす事が可能、相乗作用力が優れているなどメリットが大きい。

そして成分100種超え、つまり成分が多いメリットは、即効力や増大力、勃起力、健康力といった全ての効力を左右する「相乗作用力」が高くなること。
1粒に対し1つの成分の「量」を増やすより、少なくなろうと成分の「種類」が多い方が、成分同士が混ざり合って生み出す効力が高いので、有効的と言われている。
また、成分がもつ様々な効果が期待でき、精力だけでなく、健康や安全性も高い事から、年齢や経験に左右されない特質も持っている。

ボルギア3の増大構造は、1細胞増殖、活性、2血管拡張、血流量増加、3基盤、靭帯部へ集中作用させ一気に突出増大させるというもの。
特にベルタミンにも組み込まれている増大や即効性等、全ての効力が決まる段階「細胞段階の強化」に特化しているのと、更に時間を要するが後に、増大効率が圧倒的に高くなる「基盤強化要素」を持っている。

つまり、
基盤強化の時間を要する点を細胞段階強化でカバーする事で、増大効率を上げながら、即効力と増大等の全効力を上げているのである。

ボルギア3の成分は100種超えしてる事もあって、増大に必須とされものは全て網羅している。「最新」という事から、成分質や配合技術、製法などの技術面も高まり全効力に結びついているだろう。
先ほど言ったが、100種系は効果の豊富さ、安全性や健康力が高いのも魅力の1つ。ただ、成分構成によっては、増大より健康がメインになる場合もあるが、ボルギア3の場合は、増大や精力に関する事項を最優先した成分構成になっている。

2ヶ月経過しボルギア3ユーザーの増大値結果を見ると2カ月で3cmなど、ベルタミンを上回る即効性と増大特化の面を見せている。またチントレや食改善や運動など血流改善行為に対して相性も抜群に良い。
精力剤ジョナリスや最新同士のベルタミンと飲み合す事で、効果アップを図っている者が多いようだ。
基盤強化要素もあるので、飲み合わせのベースとしては最高評価となる。

ボルギア3は8月に販売されてから完売と再販を繰り返し10月末に再び再販され、11月現在は販売されている模様。
人気が最も高い最高スペック「3type+100種超」の最新版となれば、完売も当然の結果であろう。
初心者や経験者、10代、60代など万人性が強い事が影響しているのだろう。
またいつ完売状態になっても不思議はないので、入手は早い方が良い。

    ボルギア3(Volgear3)DATA:

  • 価格:19800円→13300円(限定価格)
  • 内容:カプセル2種,錠剤1種 各30粒(計90粒 約1カ月分)、1日各1錠、3粒が目安
  • 成分:シトルリン、アルギニン、トリプトファンなど増大体質構築のアミノ酸、馬睾丸、トナカイ、コブラ、ハブ、マムシ、すっぽんなど動物系、マカ、トンカットアリ、冬虫夏草など植物系、
    その他ビタミン、ミネラルなど100種以上
  • MEMO:基盤強化+細胞活性による増大効率、即効性、効力大幅アップ、商品名欄変更可能、郵便局留可能
  • 公式URL:http://volgear3s100.com

2017年~最強ペニス増大サプリのグライバル

2017年3月、ボルギアの人気から間もなく、3タイプの最新版が発売。今回もシークレット的に販売され、5月になってようやく情報が出てきた。品切れ・再販状況から爆発的ヒットとなっている。
公開されている情報を元に紹介しよう。

グライバルは最も増大効率が良いと言われる「3タイプ」のスペックであり、成分は厳選された60種。
ボルギア等の100種系にはスペック的には劣るものの、成分の多さが鍵となる即効性や効力が高まる相乗作用力を60種ながら独自に高めていると言われる。
グライバルの特殊構造の前に、3タイプのおさらい。

3タイプの利点は、ペニス増大構造が基本3構造である為、3種がそれぞれ役割を持って体内での増大作用の効率が圧倒的。その裏には1タイプや2タイプと比べ、成分種、成分量を増やせたり、先に行った目的を持たせるなど複雑な構造を持たす事が可能、相乗作用力が優れているなどメリットが大きい。

グライバルの構造特徴は3種それぞれに
・生殖細胞増大専用
・亀頭・陰茎増大専用
・精力増強促進専用

役割を持たせ、集中作用させるというもの。

通常3タイプの場合、段階的に作用するのに対し、集中的に作用させるというものだ。
そして、状態維持という独自要素を加え、増大効率が落ちず、絶えず作用するような構造となっており、増大効率を上げている。

この構造を実現させる為、
成分は最も効果力が高いとされる100種系ではなく、増大に本当に必須の60種に絞り、質なり配合技術なりを高める事で、体内での相乗作用力を高め、100種系と同等、またはそれ以上の効果力を発揮できるようにしている。
同時に配合の際、年齢や体質の研究もされてるそうで、万人性も追及されている。
確かに集中的に作用する事で、即効性や効果力をアップさせる事につながると思う。

成分種類が100種系よりは少ないが、違いは精力的部分ではなく健康力的な部分と言われている。
つまり健康的な効果力はほぼ落とさず、健康効果の種類が減る程度だろうと予測されている。
なので成分種類は減ったものの、増大に必須なものは抑えつつ、当然1錠に対する各成分の量は増やせるわけだから、本当に必須なものを増やしてくれれば、効果力アップにつながりそうだな。

発売から約2ヶ月経過しグライバルユーザーの増大値結果を見ると2カ月で3cmなど、ボルギアと同等の効果で即効性は上回る情報も多い。もちろんチントレや食改善や運動など血流改善行為に対して相性が良く、努力と結果が結びついている。
精力剤ジョナリスやバイグライム、ベースとして最適のボルギア3と飲み合す事で、効果アップを図っている者が多いようだ。
増大特化なので火力を出す為に飲み合せはもってこいだろう。

グライバルは2017、3月に販売されてから完売と再販を繰り返し、5月現在は販売されている模様。
人気が最も高い3typeの最新版となれば、完売も当然の結果であろう。
ボルギアと同じく年齢や体質等の万人性も追求されている事が影響しているのだろう。
またいつ完売状態になっても不思議はないので、入手は早い方が良い。

    グライバル(GURAIVAL)DATA:

  • 価格:19800円→13600円(限定価格)
  • 内容:錠剤3種 各30粒(計90粒 約1カ月分)、1日各1錠、3粒が目安
  • 成分:シトルリン、アルギニン、トリプトファンなど増大体質構築のアミノ酸、豚睾丸、トナカイ、海馬など動物系、マカ、トンカットアリ、冬虫夏草など植物系、その他ビタミン、ミネラルなど厳選60種
  • MEMO:集中作用+状態維持による増大効率、即効性、効力大幅アップ、商品名欄変更可能、郵便局留可能
  • 公式URL:http://guraival-prospec.com