ギムロットα
20cm超えて暇な時にネット検索で有名どこのペニス増大サプリに挑戦してます。
情報がたまりにたまったので公開していってます。

今回はギムロットα(GIMUROT α)です!
2016年辺りに発売されたペニス増大サプリで、比較やランキング、口コミサイトによく登場するアフィリエイターが多いですね。
交流情報でもギムリスって名前だったよな?とかビゴーレってサプリと同じだろ?などの情報がありました。
アフィリサイトでは効果があった情報ばかりですが、実際の増大や勃起効果はどうなのか見ていきます。

ギムロットαはどんなペニス増大サプリなのか

まず検索してみると、実に多くの広告や宣伝、口コミや比較、ランキング、効果検証など色々なサイトが出てきます。
この時点でヴィトックスαやゼファルリンなどど同様に、アフィリエイターがかなり多く存在するサプリだってことがわかりますね。
サイト数や推奨されてる宣伝内容、ランキングで上位数、また交流情報などからアフィリの報酬額も高いようです。

アフィリエイターが多く存在すると情報が「効果がある」偏った情報ばかりになるので信憑性については危険です。
これについてはペニス増大サプリの【2chや口コミ、おすすめランキング】信じた効果なしに全貌が書いてあります。
ペニス増大や勃起など効果についてはスルーするのが良いでしょう。

またアフィリ系商品は「低スペック」という共通点、傾向があるので注意です。
ギムロットαも1タイプで成分数約30種程のスペックで高くありません。

ペニス増大サプリのタイプや成分数の重要性

1タイプは体内での相乗作用力、増大効率、それによる効果力は3タイプに比べると明らかに低い
3タイプだとそれだけ多く成分を詰め込むことができる。
確かに1タイプに60種も詰め込むと「1成分がかなりの微量」となり、十分に増大作用ができずかえってマイナスだと予測できる。

3タイプであれば100種成分でも十分に詰め込められるし、60種とかに厳選すれば狙った効果力を高められる
自由度が高くなるから「それぞれに役割をもたせる」ことができ、高度な増大構造を成す事が可能になるってわけ。
体内で成分同士が混ざり合った時の相乗作用力が高くなって、効果も高くなるってのが、3タイプのメリット。
1タイプと3タイプではやはり根本的な「増大効率」が違い過ぎます!

成分数が多い事は体内で成分同士が混ざり合う事で生じる相乗作用力が高くなり、結果的に即効性や効果力を高めると言われてます。

ギムリス、ビゴーレと同じ!?


調べていくとどうやらギムリスの進化版?箱が変わった?同じ商品?って疑問がありました。
見る限り確かに箱は一緒ですね。(2017時)
このギムリスはギムロットαよりもう少し古い商品で、ビゴーレというサプリと成分構成などが全く同じでは?と言われていました。

まあアフィリエイターサイトを見てみると、ギムリスから名前を変更しただけのような修正跡がいっぱいあったので同一商品の可能性が高いですね。
公式サイトの作りが一緒だったって話もあります。

名前を変更した意図について考えてみると

  • 古い商品から新しいものに変えたかった
  • ギムリスでマイナス評価がついてしまった

などが考えられます。同一商品で名前の変更というのは、この業界では少なからずあるようです。
商品の「新しさ」も性能を左右する要素です。成分質や配合や製法技術に差がある部分なので。
それはまた「効果」となって差が生じます!
なので、今回のように古いサプリと同じでは!?って疑問がある場合は慎重に情報収集しなければなりません!

ギムロットαの成分-100倍濃縮やクラボワスカについて-

公式ページを見ると、ポイントとしてシトルリン量や100倍濃縮を推しています。
シトルリン量に関しては1粒に配合されてる量は大したことありませんが、1日2粒服用とすると多い方ですね。
ただそもそも量=効果ではない、シトルリン自体精力効果として強いものではないなど注意点がたくさんあります。
詳しくはシトルリン【サプリ】でペニス増大の【嘘】効果に全貌があります。

また濃縮については、マニアの間では

  • 調べようがない
  • 基本的にペニス増大サプリは国内工場で製造されており、ある程度の濃縮はされている
  • 濃縮がどうこうより、配合・製法技術の差は「新しいか」の方が重要。

などの意見が出ているので、濃縮については気にする必要はないだろう。

ギムロットαの成分数は約30種で、クラボワスカ、ウアナルポマチョ、シトルリン、ムイラプアマ、すっぽん、マムシ、ビタミン類などで構成されています。
構成的には精力系が強くいですが、緩和する成分もあるのでバランスが良いですね。

またクラボワスカやウアナルポマチョは他には配合されてないオリジナルなとこはいいですね。
両成分とも植物成分で、精神を落ち着かせるような効果や催淫効果があります。
ムラムラしたり、落ち着かせて冷静にしたり…どっちなんだろう…

さきほどタイプや成分数の重要性の話がありましたが、3タイプなどと比べれば効果力の期待値は低いですが、1タイプには成分数は30種くらいが妥当(微量にならない)なので、成分構成などを考慮すると1タイプの中では高評価ですね。

ギムロットαの購入から飲み方

ギムロットαの購入情報ですが、広告がヤフーもgoogleもかかってて公式に通じてるので迷わないでしょう。

公式では1箱11980円となってます。
複数購入で割引があります。最大の3箱だと1箱辺り約11326円になるので少しお得です。
60粒入りとはいえ、3タイプと値段に差がないので高い方だと思います!

支払いは代引きとクレジットカー払い、コンビニ後払いに対応。
殆どのサプリは代引きしかできないとこが多いので便利ですね。
あとは営業所留めや商品名記載なしも対応していた。

ギムロットαの飲み方ですが、60粒入りなので1日カプセル2粒を目安に…
とりあえず、昼過ぎに2粒一気で飲んでいきます!

ギムロットαを実際に飲んだペニス増大効果

毎日飲んでいきました、過去にやったグラゼットやシドルフィンEX、フュージョンEXよりは勃起に微妙に効いてる感があります。
ただグライバルのような3タイプほどのペニスに作用してる感覚はありません!

最初の1か月目は何度か勃起しやすい、ムラムラするなーってのがあった程度です。
クラボワスカが効いてるのかもしれない。
ただ目覚めや集中しやすい、消化や胃腸かいぜんなどの健康的な効果は特になかったです。

2か月目も大した変化はなしです。
何度か興奮や勃起しやすい状態かも!と思った日はありましたが、ペニスが熱く作用してる感覚はないです。
多少精子量が増えたくらい。

2か月通し、副作用的なものは何もなかったです。
ただ3タイプや100種成分系に見られる健康的な効果もほぼなしって感じです。

増大はもう何度も体験してるんで、予兆は熟知していますが、そういった膨張感のようなものはありません
1タイプにしては精力的な実感はあった方だと思いましたけどね。
同タイプのヴィトックスと同じくらいかな、ヴォルスタービヨンドよりは下って感じ。

■実践結果

  • ペニスサイズは通常時も、勃起時も変化なし
  • 1タイプにしては精力実感はある、健康感や安全性は普通レベル!
  • ムラムラするなど多少精神に作用する!

1タイプにしては成分構成にしても効果にしても良い方でしたが、値段が高いのがネックです。
これだと値段が変わらない高スペックサプリをやった方が絶対いいですね!

口コミサイトによるギムロットαの効果

一応、感想や体験、実践等の口コミなどのサイトを平均すると
1か月で0.5-1cm、2か月で1-1.5cm、3か月で3cm位の増大効果が出てました。

「他のサプリより段違いに効果アリ!」みたいな効果があった情報ばかりで参考になりません。
自分的はマジかよ!って感じですw
このスペックでどう飲んだらそうなるのか謎過ぎます…

ギムロットαで調べたアフィリエイターサイトには、他のサプリの口コミや効果実践もしてますが、効果の出具合や経緯、特徴など同じような効果が出てます。
感想は他のサプリと結局同じ…
なので、ランキング、比較、口コミはアテになりません!

交流によって得たギムロットαの実践効果情報

アフィリエイターではなく交流者の実践、体験、感想やデータ。※効果値は全て勃起状態のもの。

  • 使用3か月:効果が上昇するタイプでもない、なんとなくが一定。
  • 使用1か月:増大効果はないものの、効いてる感はある。
  • 使用2か月:増大変化はなし。何の実感もなし。
  • 使用2か月:他の1タイプよりは勃起しやすい、効いてる感じが出るのが早い
  • 使用4カ月:副作用なく続けられたが、1タイプ止まりの効果
  • 使用1か月:特に何もなし
  • 使用3カ月:1タイプだからかペニスに効いてると思う時は数度、増大や膨張感はなし

やはり公式のモニターやアフィリエイターの口コミとは効果が食い違うな!

マニア、熟練者の評価

  • 成分構成は評価でき、1日2錠である為、他の1タイプと比べれば効果はあるが、あくまでも1タイプの中での話に留まる。
  • 安ければ高スペックサプリとの飲み合せに使えそうだが、このスペックで1万越えは高過ぎる。
  • ギムリスやビゴーレと全くの同一商品とすれば、古い商品となるのでマイナス点が上乗せされる。
  • 長期間やって効果や増大の期待値が上がるってわけでもない。

マニアや熟練者など交流者の評価は「成分構成は良い」「1タイプは厳しい」「古い」って意見が殆ど。
成分数30種と少ないなりにバランスがとれてる成分構成は評価できるものの、1タイプでは増大作用の維持も厳しく、効果に表れ辛いってことでしょう。
あとは値段ですね。最新のグライバルなど3タイプも100種成分と変わらないとなると コスト的にも、スペックも、効果も低いってことでしょうね。

毎度言っておきますが、情報量が多くて、どれ見ても効果が出ててる、そんな情報だけを見るのではなく、発売時期や成分数、タイプ、構造などのスペック情報をまず第一に抑えておくのが、失敗や成功、損得につながると思います!

ギムロットαの性能効果の比較ランキング2018評価


2018年に存在するペニス増大サプリの中で、ギムロットαが性能的に他と比較しどうなのか、ランキング的にどのくらいの位置にあたるか分析しました。

まず基本的な性能は成分数が約30種、カプセル1種の1タイプです。
増大サプリの大半がこの性能で昔から存在します。また成分100種以上や3タイプが存在することから、中の下ランクに位置づけされます。
熟練者評価や口コミ、実践効果もそれを示唆しています。

成分にクラボワスカやウアナルポマチョなどの独自性、成分バランスは良いというプラス評価はあるので5段階の2~2.5といったところでしょう。

2018年のペニス増大サプリのランキング1位はグライバル


参考までに2018年までで最も高い性能は
3タイプ+100種成分(又は増大特化の50種以上)+付加価値(即効性や万人性)
ここまで進化しています!

そしてそれにあてはまる最新のペニス増大サプリがグライバルとなります。
これは成分60種ですが、増大構造的に100種同等またはそれ以上の相乗作用力があるのと状態維持や集中作用に特化する付加価値要素もあります。
それによって即効性や万人性も高めています。

成分や構造、タイプなどの性能、配合などの技術面において、2chや比較、ランキングサイトで頻繁に登場する他サプリと比べ圧倒的に上回っています!

実践効果では2か月で2cm以上の増大報告も多いです!
自分も経験済みですが増大力だけでなく、即効性も高いですね。あと交流者の話を聞く限り、万人性も高そうです。
自分はもう20cm超えてるので増大は難しい中、23cmの黒人級に近づけてくれたので2018年では1番に推します。

タイプや成分数、配合や製法など技術面などが進化しているので、他より開発費は当然かかってるのに値段が古いサプリと変わらない点も評価できます。