ペニス増大ニュース

ペニス増大サプリ【2014最優秀】予想確定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年に流通したペニス増大サプリのNo.1を決める!
嘘は通用しない!スペックが問われる本当のペニス増大サプリを見抜く!

  • 増大ユーザーが待ち望んだ唯一の100種系+3タイプ。今年1月に発売されるも未だ人気No.1。まさに死角なし!
  • 現在最新の100種系2タイプ。基盤強化+角度強化という新要素を2タイプで実現!ベファインを上回る事ができるか!?
  • 昨年3タイプの実力と人気を証明した覇者。増大特化という位置づけは今年になっても飲み合わせに使用する者が多く人気健在。
  • ゼナフィリンの登場で人気を落とすも40overからはまだまだ絶大な支持を得ている100種系。
  • 昨年辺りに登場した2タイプだが100種系ではなく増大構造もイマイチ。しかし1日4錠+1という要素は期待できる。
  • 年配者に人気のあったGOLDの進化版。成分や1日6錠は評価できるが1タイプは増大難要素。
  • 未だアフィリエイターが多く潜む古い2タイプ。ネットでの露出は多いが評価はされていない。
  • 未だ宣伝は目立つものの1タイプで評価要素は特になし。
  • 海外産1タイプ、成分も20以下で安全性に難。
  • 海外産シトルリンメインだが全体的に低品質、評価要素ナシ
  • 海外産、増大とはカテ違い。成分少なく安全性も難。個人輸入で販売
  • 宣伝力があり知名度あるも1タイプで商品力は低い。

各ペニス増大サプリのスペックランキング


  • 増大値は横一線。最新2typeゼナフィリンが角度強化要素プラスで優勢。
  • 成分は100種系が独占。成分の質が高い最新ゼナフィリンが1歩リード。
  • 構造はゼナフィリンの新たな角度強化も評価できるが、唯一の3typeと100種をもつベファインが優勢。
  • ネットでのステマを排除した厳正なる口コミ精査では、ベファインがトータル的にリード。ゼナフィリンはまだ日が浅い。
  • 発売から未だ勢いが続くベファイン。続いて去年主役のアデロイン、リノゲイン。リアルタイムではゼナフィリン。
  • メディアや女医の起用等で目立ったシドルフィンだが1タイプの商品力では厳しい。ネットではお決まりの2つ。

ペニス増大サプリのマニアの見解

ーQ:去年は3タイプリノゲインと100種系アデロインの2強でしたね。わずかに当時新しい3タイプだったリノゲインが優勝でしたが、今年はどう見てますか?ー

ーマニア:今年は1月いきなり両要素を持ったベファインに驚きでしたね。そして10月には角度という要素をプラスした最新の100種系ゼナフィリンが登場。2強と言いたいところですが、去年のリノゲインやアデロインも実績を伸ばしユーザー(ファン)を増やしている。体に合う合わないがある増大サプリにとって固定のユーザーを獲得している点は大きいんですよ。だから今年は一概に「2強」とは言えないかもしれませんね。

ーQ:なるほど。しかしやはろ今年1年で見るとベファインが圧倒的な感じはありましたよね?

ーマ:確かにそうですね。ベファインが実現した構造はその後登場してないし技術的に革命的。そもそも増大しやすくさせる体質にするには増大基盤力を上げる事が重要で、その後の増大値を左右する。初心者の最初の関門突破アイテムだと思います。ただ増大までに時間を要するというウィークポイントがあるのも確かですね。

>ーQ:さてそんな中でゼナフィリンを1番と予想されてますが具体的根拠は?

ーマ:正直最初に言った通り、今年は4強と言える程、大した差はないと思っています。この4強に関してはそれぞれ「特徴」を持っているので、ユーザーが「何を強化するか」によって変わってくる。総合的に見ればやはりベファインは重要だけど、俺らからすると「最新」ってやっぱり無視できないんだよね。

ーQ:というとゼナフィリンにそんな魅力があると?

ーマ:経験者と初心者で見方は違うけどゼナフィリンのプラス要素は大きいよ。角度要素だけじゃなく、ベファイン程じゃないと思うけど精基盤強化もあるし。それを2タイプで実現できてるところも評価。ベファインのような3タイプが1日3錠摂取に対し、2タイプは1日4錠摂取だからね。安全性や相乗作用の能力が上がってるとすれば4錠一気飲みで効果もアップすと推定できるからね。2タイプは逆に2回にも分けれるから、ゼナフィリン1回だけにして飲み合わせに違う商品を3種とか無茶をするって技もあるからね。

ーQ:なるほど、確かに昨年も後に発売されたリノゲインが優勝しましたからね。しかしマニアの技は奥深いですね。では今年は4強以外はどうですか?

ーマ:他で気になるのは2タイプで1日の摂取量が多いベクノールくらいかな。あとは1タイプだからね。極GOLDは1タイプ、植物系成分ばかりって点で評価できないし、シドルフィンEXも構造、成分、値段など全くいいところなし。メガマックスウルトラも同様だね。アフィリエイターが売ろうと悪質になってきて、アピールポイントに根拠がないんだよ。騙されて痛い目見てる人も増えてるんじゃないかな。新しさや成分、構造とかの比較表も発表されてるから、ユーザーには参考にしてほしいよね。まあ今年はその名の通り4強かな。今年はベファインとゼナフィリンが増大サプリを進化させた年って言えるだろうね。

ーQ:インタビューありがとうございました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す


CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)